眼 科

当科では角膜、眼瞼疾患から白内障、緑内障、網膜・硝子体疾患まで幅広く手術治療を中心に診療にあたっています。
また、昭和大学関連病院でもあるため、難症例は大学紹介しています。
外来では眼底三次元画像解析装置(OCT)を導入し、緑内障や、加齢黄斑変性症、網膜中心静脈閉塞症、糖尿病網膜症等の黄班疾患の診断、治療効果の判定に役立てています。
特に、OCT導入に伴い、抗血管新生薬療法を積極的に行っています。
原則、手術は入院加療となりますが、ご希望にあわせて対応させていただきます。

視能訓練士(ORT)が笑顔でお待ちしています。

医師:

非常勤 高橋、藤澤

常勤 須田(医長)、徳永

上記診療日は各医師のスケジュールにて変更となる場合がございます。
詳細は外来予定表を参照して下さい。