CALENDAR

May 2016
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

RECENT ENTRIES

ARCHIVE

日誌:便潜血

便潜血検査は腸管内に大便が腸の病変部位を通過する時に

血液が付着した場合、陽性と出ます。

 

採取後の便の検体を室温放置しておくと検出率が悪くなります。

病院に持ってくるまでにできるだけ冷所に保存してください。

 

便潜血が陽性と出ても本当に大腸の病変がある確率は50%で

大腸がんは陽性と出た場合の0.5~3%程度と言われています。

 

多くは他の潰瘍、ポリープ、大腸憩室、炎症性腸炎、痔からの

血液であることが多いです。


日本消化器学会・便潜血のページをご覧ください

http://www.jsge.or.jp/cgi-bin/yohgo/index.cgi?type=50on&pk=D62

 

ただ、大腸がんの可能性もあるわけですから便潜血が陽性

と出た方は念のため内視鏡検査をおすすめします。

 

内視鏡検査は予約制で

水曜午前・午後、土曜午前に行っています。

 

ご希望の方は総合科もしくは外科の外来受診をしてください。


便.png