CALENDAR

April 2018
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

RECENT ENTRIES

ARCHIVE

日誌:卵

先日急性胃腸炎になってお腹を下した時

にお見舞い品としてお粥のレトルトパッ

クと卵を差し入れてもらいました。

 

で、その卵とはこちら↓

20170223.jpg

 

鶏卵といってもまあなんといろいろな種

類があるのでしょう。

 

薄青卵は「アローカナ」という南米チリ

産の鶏の卵。こういう種類があるのを初

めて知りました。

青い色は胆汁の色素と同じオオシアンか

らきているそうです。

 

どれから食べて良いのか迷いましたよ。

 

食欲がなくてもお粥に卵と長ネギを入れ

電子レンジで加熱したものはしっかり食

べれることができました。

 

体調が悪い時にはこういう食べ物は最強

の食べ物となりますね。



日誌:もくもく

本日の浅間山。


20170214.jpg

 

噴煙が今日もよく見えます。

 

ここ数日、煙の量も増えています。

 

火山警戒レベルは2のまま。

 

皆さん火山情報には十分に注意して下さい。



日誌:まだまだインフルエンザ


インフルエンザにかかった患者さんの

数が減りません。

 

当院では今シーズン、インフルエンザ

B型にかかった方はまだ数名で、ほと

んどがA型です。

 

シーズン内にA型とB型と両方にかか

る方もいますので一度かかったからと

いって油断しないようにして下さい。


20170206.jpg

日誌:缶詰


最近の缶詰は高級化し、美味しいものが出て

きたなど報道で見かけるようになりました。

 

しかし、ごみの分別や破棄の際の洗浄が面倒

などもあり缶詰ものは敬遠していました。

 

それがカードのポイント交換で缶詰セットを

手に入れ食べてからその考えは一変。

缶詰の中身は進化しているし、おかずにあと

もう一品欲しいという時に活躍してくれます。

 

災害時の保存食、ここでは積雪量が多い時に

は車で買い物が出来ないときの保存食として

缶詰は有効なものともなります。

 

またリサイクル面でも缶詰に使われる

スチール缶のリサイクル率は2015年度92.9

スチール缶リサイクル協会のサイト参照

http://steelcan.jp/recycle/index.html

 

アルミ缶(缶詰のふたはアルミ)のリサイクル

率は77.1%(国内での缶からから缶への割合は

57.6)輸出品を入れると90.1%

 

アルミ缶リサイクル協会のサイト

http://www.alumi-can.or.jp/data/2015.pdf

 

プラスチックなどの再資源化率が50%を切っ

ていることを考えるとスチール缶でのリサイ

クル率はかなり高くなっています。

かなり優秀なリサイクル率です。

 

缶詰の概念が自分の中で変わってきています。


20170201.JPG

日誌:ミニしょう油さし


よく市販弁当(駅弁など)の中に付属され

ている「しょう油さし」。

 

サイズ的に3~5mlとそこそこな量が入って

います。

 

5mlで小さじ1杯=しょう油6g=塩分0.9g

と約1g近い塩分が入っています。

 

高血圧などで一日摂取塩分量を7g以下など

に抑えられている方にはかなりの塩分負荷

になりますので注意が必要です。

 

個人的にはこういう付属品のしょう油はそ

の場では使わず、家に持ち帰り他の料理に

使っています。

 

しょう油は開封することにより酸化し風味

が落ちることはあっても塩分が多いので腐

ることはありません。

 

小さなものなので使わなければ捨ててしま

いがちではあるのですが、食品ロスが問題

になっている昨今ですし、できる限り再利

用しようと思っています。

 

また弁当に付属する「つまようじ」

よく食後の歯の隙間掃除に利用されている

人もみかけますが、自分は歯の隙間が狭く

歯の間に入らないので利用できません。

自宅内のトイレなど隙間掃除に利用してい

ます。金属製のものと違い各所を傷めない

ので重宝しています。


小さなものでも捨てずに再利用を常に

心がけるようにしています。


20170125.jpg

前の5件1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11