CALENDAR

July 2018
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

RECENT ENTRIES

ARCHIVE

日誌:SAKU BLOOM

今年も佐久平駅前のイルミネーションを見に

行ってきました。


20161108_6.jpg


大まかなコンテンツは変わっていないのですが、

星や天体をイメージした作りに。


20161108_1.jpg

20161108_2.jpg

20161108_3.jpg

20161108_5.jpg

20161108_4.jpg

 

電球を使っての星や球体を見ることができます。

 

当院でのプチイルミネーションも準備中です。

もうしばらくお待ちください。




日誌:浅間山初冠雪


2016/11/01 浅間山に雪が降り積もりました。

 

午後に撮ったので一部溶けてしまっている

状態でも山頂に薄っすら白いものが見られ

ました。

 

昨年はエルニーニョ現象にて12月までは

暖冬。雪不足にはなりましたが、過ごしや

すい冬でした。

 

それが今年は10月から一気に冬模様。

暖房もしっかりつけていないと家の中での

動きも鈍ってしまいます。

 

風邪をひく方が一気に増えました。

 

長野県内ではインフルエンザの患者様も

発生しています。

 

また全国的に乾いた咳が特徴的な

マイコプラズマ感染症が流行しています。

 

マイコプラズマは主に14歳以下で流行る

と言われていますが、成人も同様にかかり

ます。筆者も20歳の時に感染したことが

あります。

 

インフルエンザ、マイコプラズマは使用

する抗生剤が違います。

 

ただの風邪とは思わずしっかり調べて

治療するのが大事です。


201611001.jpg

お知らせ:外来予定表を更新しました
11月の外来予定表は下のリンクからご覧いただけます。
   ↓     ↓     ↓     ↓     ↓
外来予定表2016年11月.pdf


眼科担当医の休診案内は下のリンクからご覧ください。
   ↓     ↓     ↓     ↓     ↓
眼科外来予定表



日誌:コーヒー


先日、友人が「エスプレッソを社内で出さ

れたのだが飲み方がわからない」と言って

きました。

 

日本人の多くは缶コーヒー、インスタント

や水気が多いアメリカン、大手コーヒー

チェーン店で出されるフラペチーノのよう

な甘いコーヒーなどに飲みなれてしまって

います。

 

そのためこじんまりとした小さいカップで

少量の味と匂いが凝縮されたエスプレッソ

に出会う機会は少ないかと思われます。

 

イタリアでは朝のバールで立ち飲みや食後

のコーヒーでこのエスプレッソはよく飲ま

れます。

 

イタリア語でコーヒーのことをカッフェ

caffèと言いますが、イタリアでcaffè

下さいとバールで言うとエスプレッソが出

されます。

 

気の利いたお店ではエスプレッソで良いの

か聞き返してきますが、自分は

caffè normale(普通のコーヒー)と言って

をしていました。

 

砂糖を入れて甘みと苦みと酸味を楽しむた

め数口で一気飲み干すとよいでしょう。

 

それと牛乳をクリーム状に泡立ててコーヒー

に混ぜるカプチーノ。(伊語ではカップチーノ)

 

これはイタリアでは朝にしか飲みません。

牛乳自体消化するのに時間がかかると思われて

おり、牛乳入りのカプチーノは食後などには飲

まないそうです。

 

日本はアメリカ式のコーヒー習慣が根強いです

が、コーヒーのこだわりの強い本場イタリア式

飲み方も今後覚えておくと良いかもしれません。

 

出先でエスプレッソが出され、飲み方がわから

ない!ということがないようにしましょう。

 


espresso-593254_640.jpg

日誌:霰粒腫(さんりゅうしゅ)


「ものもらい」「めばちこ」「めいぼ」と言われますが、

瞼にある目を潤うための脂を出すマイボーム腺がなん

らかの原因で詰まり、「しこり」のようなものが出来る

状態のことを言います。

 

「しこり」がなく瞼の感染で瞼が腫れあがる状態、

「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」も「ものもらい」と

言われます。

 

霰粒腫も感染を起こさず、しこりだけの状態であれば

そう問題は起こさないのですが、免疫力の低下などで

感染すると炎症を起こして腫れあがります。

 

炎症を繰り返す場合は抗生剤を内服し、炎症がおさ

まったところでしこりを取り巻く被膜とともにしこ

りを手術でとるともあります。

 

自分も霰粒腫があり、髪の毛が伸び目に入りやすく

なると炎症が強くなり腫れあがります。あまりにも

最近は炎症を起こす頻度が高くなっており、そろそ

ろ手術でとらばければならないかなと思っていたり

します。

 

目はごく小さな部位ですが、腫れあがると目も開け

られなくなりますし、頭にも近い位置なので頭痛に

つながります。

 

同症状のある方は眼科にご相談下さい。

 

まぶたがぽってり。

腫れがひどいと目を開けられません。

20161019.jpg

前の5件6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16