病院の概要

御代田中央記念病院は「地域の皆様に信頼され、利用される病院」を目指しています。
昭和51年より、御代田町から依頼され、地域医療の拠点として設立され35年が経ちました。当初は御代田診療所としてスタートしましたが、昭和58年の増改築工事を機に御代田中央記念病院となり、以後、昭和60年医療法人に改組し、病床158床の地域拠点型の病院として発展してきました。 広範囲な疾患に対応するため、臨床経験の豊かな多数の医師と、MRI、3D-CT等の最新鋭の医療器械を導入し、癌の健診事業も行っており、土曜日、日曜日も、長野県下唯一の午前中・平常診療を行い、外来患者は一日平均240人、救急患者さんも二次救急病院として受け入れています。
また、人材育成と医療のレベルを上げるため、各地からの医療従事者を受け入れ、更にアメリカで実際に臨床医療に携わってきた医師や看護師が多いのも当病院の特徴です。
職員一人ひとりが誇りを持って日々患者さんの様々なニーズに対応し、そして皆様の要望に応えられる最高のサービスが出来るよう、医療・介護のあらゆる分野で活躍しております。
最先端医療の中心地・東京まで患者さんは行かなくても、当院には同レベルの医療が受けられる眼科や循環器科等があります。
これからも「地域の皆様に信頼され、利用される病院」を達成するため全職員が引き続き、努力いたします。

当院は地域の病院として、
地域の医療機関と連携し、医療の提供を行い、
地域医療病院として運営しております。地域の医療ニーズに即した診療体制を構築するとともに、2次救急患者さんの積極的な受入れなど医療機関としての役割を果たしてきました。
 地域の皆様が適切な医療を受けられるよう活動をしていきたいと考えています。
事故のない「安全」と「安心」の医療を提供し、地域住民の皆様の信頼とご期待にこたえられるよう全職員が最善を尽くし、これからも職員一人ひとりが「誇り」を持って努めていきたいと思います。

施設の概要

位置/長野県北佐久郡御代田町大字御代田4107−40
敷地面積/14,850㎡ 建築延面積/6815.97㎡

病床数

158床(一般病床116床・療養病床42床)

診療科目

内科・消化器科・循環器科・リウマチ科・小児科・外科・整形外科・心臓血管外科・皮膚科・眼科・ 耳鼻咽喉科・リハビリテーション科・婦人科・歯科

付属施設

人工透析センター・訪問看護ステーション御代田・居宅介護支援事務所・小人の森(託児所)・ やまゆりの園・助産院 音々(ねね)

病院の沿革

昭和51年 7月  御代田中央診療所開設(病床5床)
昭和54年12月  御代田中央診療所増築(病床19床)
昭和58年 3月  御代田中央記念病院と改称(病床51床)
昭和58年 4月  佐久広域行政組合立特別養護老人ホーム豊昇園診療業務担当
昭和58年12月  一次救急指定病院となる
昭和60年 2月  医療法人社団御代田中央記念病院に改組
昭和60年10月  病院増築(162床)
昭和62年 4月  二次救急指定病院となる
平成 7年10月  社会福祉法人特別養護老人ホームシルバービラ小諸診療業務担当
平成10年 6月  訪問看護ステーション御代田開設
平成11年 4月  病床数変更(一般病床108床・療養型病床群42床)
平成11年12月  指定居宅介護支援事業所開設
平成12年 4月  療養型病床を介護保険とする
平成16年 8月  医療法人社団御代田中央記念病院20周年記念式典
平成16年 9月  介護老人保健施設シルバービラみよた開設(100床)
平成18年 8月  やまゆりの園と改称(100床)
平成26年 7月  病院新棟増築、外来、一般病棟、リハビリテーション科リニューアル