CALENDAR

May 2016
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

RECENT ENTRIES

ARCHIVE

お知らせ:薬局からの高血圧症の薬について
当院で処方している高血圧症の薬についてのお知らせです。

ブロプレス8mg、ブロプレス12mgが
アジルバ20mgまたはオルメテック10mgにかわります。

BP meds with names.JPG
お薬についてご質問のある方はかかりつけの医師または薬剤師まで
お問い合わせください。





日誌:正しい血圧の測り方

病院に来ると血圧が上がってしまう方。

そんな方の中に白衣高血圧(緊張しやすい方)の方だけではなく、

実は測り方に問題がある方もいるかもしれません。

 

また逆に家に帰って測ると血圧が上がってしまう仮面高血圧の方。

その中に危険な早朝もしくは夜間高血圧の方が隠れている可能があります。

 

血圧は日内でも状況によって変動しており自分の血圧の傾向を知る必要

があります。

 

血圧の測り方を見直してみましょう。

 

1日朝夜2回の測定が望ましいです。

 

朝は起床後1時間以内の食前。

高血圧の薬を内服している方は服薬前です。

トイレはすましておきましょう。トイレを我慢していると血圧は上がります。

夜は寝る前。

ただし風呂後、食後、飲酒後、運動後、喫煙後、は少なくとも30分は時間を

おいてから測ってください。時間をおかないと高く出る可能性があります。

 

初めて測るときは右左で測り左右差がある場合は高く出た方

いつも測るようにしてください。

左右差がない場合は利き腕の反対側の方で測りましょう。

 

実際の測り方

 

1.椅子に座り1~2分安静にする

2.肘にかからないよう付属帯を指が1本入るようにきつく巻く


BP with Finger.JPG

  

3.半袖で測るかもしくは薄手の長袖を伸ばしてその上から測る

4.帯を巻いているところが心臓の高さになるようタオルなどを

  おいて高さを調節する


BP overall.JPG


BP with monitor.JPG


 

是非以上を実行して下さい。



日誌:高血圧の基準について

2014年度 日本高血圧学会の血圧分類(単位は mmHg

 

日本高血圧学会の血圧分類

(世界共通の血圧分類)

収縮期血圧       拡張期血圧

(上の血圧)        (下の血圧)

至適血圧

<120      かつ      <80

正常血圧

120-129  かつ/または  80-84

正常高値血圧

130-139  かつ/または  85-89

Ⅰ度高血圧

140-159  かつ/または  90-99

Ⅱ度高血圧

160-179  かつ/または  100-109

Ⅲ度高血圧

180    かつ/または  ≧110

 

日本高血圧学会の血圧分類では、高血圧を 140/90mmHg 以上としています。

2014年4月日本人間ドック学会で発表された新基準はまだ世界的には認めら

れていません。

 

至適血圧を超えて血圧が高くなるほど,心血管病,脳血管障害,心筋梗塞,

慢性腎臓病などのリスクおよび死亡リスクが順に高くなります。

また、高血圧を治療することによって心血管病の発症は減ることが確認

されています。

 

当院も日本高血圧症学会の基準を目安に治療を行っています。



お知らせ:7月の外来予定表を更新しました。
そろそろ梅雨明けです。
脱水症状や日焼けなどに気をつけてください。

7月の外来予定表を追加しました。
外来予定表はこちらから確認できます。

すいか.JPG



日誌:雷に注意

御代田もゲリラ豪雨に伴う雷を見る機会が増えてきています。

 

雷の被害にあわないようするためには雷のことを知る必要があります。

雷は木や建物など高いところに落ちる傾向があります。

 

高いところがないゴルフ場、運動場、砂浜などではそこにいる少しでも高い場所、

つまり人に落ちる危険性があります。

 

もし外出中に雷が鳴り始めたら以下の行動をとって下さい。

 

1.車の中に入る(車のボディ・金属部分に触らない。)

2.建物の中に入る(壁、天井、電化製品から1m以上離れるのが望ましい。

そして軒先は壁に近いため危険な場所であり離れること。)

 

木や電柱の近くは落ちた雷の電気の影響を受けやすく危険です。

木や電柱などから少なくとも4m以上離れることを心がけましょう。

 

その他金属製品を身に着けていると雷の被害にあいやすいということはありません。

あくまでも高いところに雷は落ちやすいです。

ただ、体に受けた雷の電気がネックレスより放電し心臓を直撃せず命が

助かったという例もあります。

 

またゴム手袋、長靴などゴム製品を身につけていると雷の被害を避けられるわけ

ではありません。雷の電気の威力は強くゴム製品だけでは雷を回避できません。

 

不幸にも人体に雷を受けた時には心臓への影響が強く現れ心停止、不整脈が

起こり得ます。いずれにしろ救急措置が必要となります。

 

以上のことをよく覚えておきましょう。

thunder.jpg



1  2  3